ラオス経済ニュース

台湾の会社がラオス投資に
2009/11/12 13:13 JST配信



ヴィエンチャン特別市サイタニー郡LAK21における工業団地開発のための100ha移譲の土地のコンセッションを台湾のナムウェー社に対して認可した。コンセッション期間は75年間で、100社以上の工場を誘致するとしている。
これらの会社は台湾、中国、マレーシアなどで20年以上の経験を持ち、現在ラオスへ70社を誘致することが可能としている。

((2009/11/4 パサソン紙))
関連カテゴリ:経済
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の経済ニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 経済 > 台湾の会社がラオス投資に

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.