ラオス政治ニュース

ラオス国会常任委員会定例会議
2009/11/12 13:03 JST配信



国会常任委員会定例会議が10月29日開催された。その内容とは

1)9つの新法律草案について協議、第8回国会へと提出されることで合意。
うち4つは新法で、建築法、政府投資法、青年法、タバコ管理法、また5つは改正法で、税法、公証人法、家族登録法、人民検察院法、人民裁判所法。ならびに鉱物法追加
2)経済計画・財政委員会からホングサーリグナイト火力発電事業に関する諸問題と免除について提案。
3)投資奨励法について土地の所有に関する第58条の改正に関する協議
4)ナーペング・ホム郡間の道路建設事業問題についての報告
5)ヴィエンチャン県とボリカムサイ県における企業登録についての報告

(2009/10/30 パサソン)
関連カテゴリ:政治
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の政治ニュース

ラオス財務省
ラオス国会常任委員会定例会議
ヴィエンチャン特別市のGDP
ルアンパバン空港拡張工事
ルアンパバン県がEATOFに加盟

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 政治 > ラオス国会常任委員会定例会議

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.