ラオス社会ニュース

セピアン川に水力発電を建設
2009/10/07 17:40 JST配信




現在 ホアイホダムが152MWの発電容量を持ち、126MWをタイに輸出しているが、推量不足で十分な発電が出来ていない。
このため、ホアイホ発電会社 セピアン川に100MWの発電ダムを建設する計画。ホアイホダムは1999年9月より操業を開始してきた。
現在同社は政府にFSのためのMOU締結の申請を提出しており、2010年内に締結し、2012年より建設を開始する計画。
現在ホアイホ社はグローエナジー社(67.25%)、ヘマラートパッタナーティーディン社(12.75%)、ラオス電力公社(20%)によるJVで運営されている。

((2009/9/9 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:社会
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の社会ニュース

ラオスの健康保険状況
アセアン博覧会
ゴールデントライアングルを開発
ルアンパバン空港工事
セピアン川に水力発電を建設

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 社会 > セピアン川に水力発電を建設

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.