ラオス政治ニュース

新メコン架橋
2009/10/07 17:35 JST配信

現在建設準備を行っており、雨季が終わり次第工事を開始する見込み。
ラオ国の運輸・公共事業省と韓国の企業(Ujung and D kabul Construction)との建設に関する合意書の署名式典が行われ、620mのパックコーン・タードゥア橋が幅10.5mで建設される。
同時に58kmの道路の舗装工事がルアンパバン県シェングン郡の国道13号線から、橋の位置まで行われることになっている。
その建設費用とは1880万ドル(US)で、42ヶ月間で完成する予定。
ラオス政府は2240万ドル(US)を勧告輸出入銀行より融資を受け、また560万ドル(US)を国のファンドから出資する予定。
(

(2009/9/1 Vientiane Times))
関連カテゴリ:政治
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の政治ニュース

ラオス財務省
ラオス国会常任委員会定例会議
ヴィエンチャン特別市のGDP
ルアンパバン空港拡張工事
ルアンパバン県がEATOFに加盟

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.