ラオス経済ニュース

野生動物CP社
2009/10/07 17:34 JST配信



投資を拡大CP社は2007年に300万ドルで畜産セクターへの投資認可を経てからCP社は鶏卵や肉の生産へ投資を行っており、1000万ドルの投資に上る。
CPラオ社の報告によると、現在4種類の商品を生産しており、畜産飼料、鶏卵、鶏肉、豚肉でり、将来は魚やエビの養殖を行う計画。
当社の発表によるは 年間5万トンの畜産飼料を製造するが、現在6万トンを生産。またブロイラーは年間80万匹を飼育しており、ラオスの国内市場の30-40%のシェアを占める。

((2009/9/1 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:経済
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の経済ニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.