ラオス社会ニュース

鉄道プロジェクト
2009/10/07 17:32 JST配信



現在5ヶ月間の遅れとなって鉄道拡張プロジェクトは、予算承認を待っているためである。タナレーン駅からヴィエンチャン駅(カムサワート)までの9kmの延長事業は、タイのNEDAによる詳細設計に関する予算承認を待っているため前進していない。ラオ鉄道機構は鉄道による商品輸送事業を実施しており、政府によりコンテナヤードの設計に予算を出資し、タナレーン駅周辺に建設する予定で、その後入札を経て建設を実施する予定。
いずれにせよ10月に二カ国間会議を実施し、鉄道開発が前進する見込みである。

((2009/8/25 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:社会
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の社会ニュース

ラオスの健康保険状況
アセアン博覧会
ゴールデントライアングルを開発
ルアンパバン空港工事
セピアン川に水力発電を建設

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.