ラオス社会ニュース

ラオス、ベトナムへと路線が設置
2009/10/07 17:31 JST配信



運輸建設省 ソ ムマート ポンセナ 大臣の報告によるとは直近2年半の運輸部門の発展は著しく、中国への道路は5道路が建設され、合計7道路となり、タイとの交通は、ヴィエン チャン・ウドンタニ間のバスが一日4便から6便へと増強された上に、現在ルアンパバン-ナーン-チェンマイ間の運送調査が実施されている。ベトナムにはチャンパサック-コングトゥム便、ルアンパバン-ヴィン便が新たに設置されている。中国へと結ぶ5路線とベトナムへの2路線が設置され、ダンサワン・ラオバオ国境におけるシングルウィンドウ国境通関により80分に短縮された。国道6、7、8、12、18B号線がベトナムのヴンアング港へと接続し、2009年中にタケークからニャマラート間の道路が完成する見込み。


((2009/8/21 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:社会
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の社会ニュース

ラオスの健康保険状況
アセアン博覧会
ゴールデントライアングルを開発
ルアンパバン空港工事
セピアン川に水力発電を建設

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 社会 > ラオス、ベトナムへと路線が設置

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.