ラオス政治ニュース

最新式医療サービス
2009/10/07 17:30 JST配信



南部で近くラオ・ベトナム友好総合病院がチャンパサック県パクセー中心部に来年早々にオープンする80億キープの投資の病院はVIP用の検査室も備え、X線、3Dエコー、CT等の医療機器類による 最新式医療サービスが開始し、診療費は現金がない場合でも必要な場合は、診察を実施するとしている。
友好病院はヴィエンチャンの103病院の前でも診察を実施していて、同病院はパクセーの県病院の敷地に国際診療棟として3階建てで建設される。

((2009/8/18 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:政治
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の政治ニュース

ラオス財務省
ラオス国会常任委員会定例会議
ヴィエンチャン特別市のGDP
ルアンパバン空港拡張工事
ルアンパバン県がEATOFに加盟

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 政治 > 最新式医療サービス

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.