ラオス経済ニュース

砂糖輸出状況
2009/10/07 17:27 JST配信



ラオスからの砂糖輸出は今年45000トンになる見込みで、昨年の20000トンから2倍以上となり、ミットラオ製糖社の2008年は23万トンのサトウキビを製糖し、23000トンを生産し、うち95%を輸出し、その輸出はイギリスに20000トン。
2009 年は45000トンの予定し、現在のサトウキビ栽培面積は8149haで栽培、(コンセッションは3郡でサイブリー郡8014ha、チムポーン郡 1100ha、ウトゥムポーン912ha)、うちコンセッションでは5960haを栽培。
さらには、カムアン県での1万haの拡大を予定しており、タケーク郡1194ha、セーバンファイ郡1759ha、サワンナケート県アーサポーン郡779ha、チャムポーン郡967ha等。


((2009/8/6 パサソン社会経済紙))
関連カテゴリ:経済
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の経済ニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.