ラオス社会ニュース

給水サービスへの民間投資に期待
2009/05/05 11:17 JST配信

給水部カントン・ボラチット部長によると政府は2020年までに80%の町に水道施設を設置する計画である。しかし、この計画に対する予算は不十分で、政府は民間投資による給水整備を検討している。最近、ヴィエンチャンではラオス・ベトナム会社により給水設備建設計画が開始されており、完成後にはシーゲーム会場やコークサアート村にある工業団地に送水する水が給水部に販売できる。合弁会社による投資金は約7年間で回収できる見込みとなっている。さらに、ルアンパバーンでは韓国企業が事前調査を開始している。 水道料金などはすべて給水部がコントロールし、料金の変更にも給水部の許可が必要となる。

(2009年4月28日 Socio-economic)
関連カテゴリ:社会
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の社会ニュース

ラオスの健康保険状況
アセアン博覧会
ゴールデントライアングルを開発
ルアンパバン空港工事
セピアン川に水力発電を建設

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 社会 > 給水サービスへの民間投資に期待

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.