ラオス社会ニュース

カムワン県で大規模な稲作計画
2009/05/05 11:09 JST配信

4月24日、SNV(オランダ開発機構)は米作りをテーマとしてカムワン県農林課やノーンボック市、ヴィエンチャン特別市、チャムパーサック県、サワンナケート県の関係者や、BCEL銀行、農業開発銀行、ラオス開発銀行の代表者と会議を行った。会議では、WTO加盟を視野に入れたラオスの米作開発では、自家消費分と出荷商品とを区別して開発する必要性があると話し合われた。

(2009年4月27日(Socio Economic)])
関連カテゴリ:社会
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の社会ニュース

ラオスの健康保険状況
アセアン博覧会
ゴールデントライアングルを開発
ルアンパバン空港工事
セピアン川に水力発電を建設

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 社会 > カムワン県で大規模な稲作計画

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.