ラオス観光ニュース

ルアンパバンが禁煙で受賞
2008/07/15 07:00 JST配信

 ルアンパバンがWHO(世界保健機構)禁煙デーにおいて受賞した。これは、東南アジアのユネスコ世界遺産の中で初めてとなる。ルアンパバンを禁煙モデル都市とするにあたり、保健省、NPO団体ADRA、東南アジアタバコ抑制同盟(SEATCA)が協力した。

 ルアンパバンの禁煙化は2007年3月に始まり、政府機関の仕事場、ホテル、レストラン、土産物屋といった建物内、ナイトマーケットといった公共の場にも規制が及んだ。禁煙化は更に強化される方向で、他の地域にも影響を与えている。

(Vientiane Times;2008/6/30)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > ルアンパバンが禁煙で受賞

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.