ラオス観光ニュース

シェンクワーンが観光客誘致促進計画
2008/06/14 07:00 JST配信

 シェンクワーン地元当局は、ジャール平原の世界遺産登録(2010年目標)と国際空港建設の二本柱で観光客の誘致を考えている。観光地は禁煙のスローガンに掲げている。シェンクワーン観光局局長カンペット氏によれば、シェンクワーンの観光業は、開発マスタープランにおいて畜産業の次に置かれている。現在、国内空港を国際空港へ昇格させるための協議が進行中で、空港拡張工事費用の約5000万ドル(53億7000万円)は近隣国からの借款になる見通し。他には、プークド郡のクド山にある750ヘクタールの丘を観光用に開発する計画(2009年目標)がある。

 シェンクワーン観光局によれば、ジャール平原には52ヶ所に1900個の石壷が点在しているが、カム郡の2ヶ所とクン郡の1ヶ所の合計3ヶ所しか公開されていない。シェンクワーン県には14のホテルと40のゲストハウスがあり、観光客はヨーロッパを筆頭に、日本、中国、ベトナム、タイとなっている。

(Vientiane Times;2008/6/10)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > シェンクワーンが観光客誘致促進計画

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.