ラオス経済ニュース

首都への投資が増加
2008/06/09 07:08 JST配信

 首都への投資は、07-08年の半年にかけて120件(うち外国投資は88件)あり、毎週約10件の投資プロジェクトが成立している。投資総額は約1億4000万ドルで前年比20%増となった。外国投資では16カ国から投資家が訪れ、中国からの投資が最も大きい。中国投資の内訳は、工業25件、農業9件、またその他にサービス分野などがある。国内投資も増加しており、32件の投資プロジェクトが成立し、投資額は1800億キープとなっている。GDPは総計6兆キープで目標額の58%に達している。政府は年末までに200件の投資プロジェクトを成立させたいとしている。



(Pasaxon socio-Economic;2008/4/28)
関連カテゴリ:経済
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の経済ニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 経済 > 首都への投資が増加

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.