ラオス観光ニュース

ポンサリーが2010年までに観光者数3万人を目標
2008/05/19 15:14 JST配信

 ポンサリー県観光局局長ソムペン氏によれば、同県は2010年までにツーリストを3万人誘致し、収益を1億300万ドルに引き上げる目標を掲げた。現在ポンサリー県には、ホテル7軒、ゲストハウス45軒、観光地が20箇所あり、中国と接した国境まで330キロメートルである。入国ポイントは5箇所あり、将来的には「社会主義国経済トライアングル」(ラオス、ベトナム、中国)の構想があり、ニョート・ウー郡にはマーケットを建設する予定だ。ポンサリー県には28の民族が暮らし、森林面積は41%である。

(Pasaxon Socio-Economic;2008/5/7)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > ポンサリーが2010年までに観光者数3万人を目標

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.