ラオス経済ニュース

国境税関 昨年度下期の収益を報告
2008/05/02 11:39 JST配信

 友好橋国境税関は昨年度下期の収益を発表した。報告は昨年10月から今年3月までの統計で、収益総額は353億kipで目標の54.4%を上回った。内訳は、輸入関税が157億kip、輸出関税が195億kip、特殊検査3億3300万kip、罰金4500万kip、他書類作成手続き代等1200万kipがある。

(Pasaxon Socio-Economic;2008/4/17)
関連カテゴリ:経済
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の経済ニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 経済 > 国境税関 昨年度下期の収益を報告

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.