ラオス観光ニュース

フランス統治時代の鉄道観光化事業が中止
2008/04/29 11:21 JST配信

 チャンパサック県投資計画局局長アヌサック氏によると、デット島-コン島を結ぶフランス統治時代の鉄道観光化事業が中止になった。

 同事業は韓国企業との合弁で、約100年前に建設された鉄道を新たな観光名所にする予定であったが、韓国企業から中止通告が政府に寄せられた。同企業は中止の理由を明らかにしていないが、財務的な理由ではないかとみられている。

(Vientiane Times;2008/4/18)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > フランス統治時代の鉄道観光化事業が中止

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.