ラオス観光ニュース

北部4県観光業連携に向けて協議
2008/03/01 11:29 JST配信

 サイニャブリー、ルアンパバン、シェンクアン、フアパンの北部4県及びビエンチャン県は第2回北部4県観光業連携会議を開いた。同会議には、ソンポン観光大臣及び各県の副県知事、観光局長ら関係者が出席し、フアパン、シェンクアン、サイニャブリー県の観光開発戦略や、フアパン県ヴィエンサイ地区観光の保護及び管理の強化などが協議された。問題点として、観光地を示す標識の少なさや、4県を結ぶ陸路での定期便の少なさなどが挙げられた。

(Vientiane Mai;2008/2/22)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > 北部4県観光業連携に向けて協議

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.