ラオス観光ニュース

カムムアンでエコツーリズムの調査
2008/01/15 11:20 JST配信

 ラオス国立大学林学部エコツーリズム学科の講師16名が、昨年12月20、21日にカムムアン県ナカイ地区でサマンの滝とコンロー洞窟の調査を行った。目的はエコツーリズムの管理と、地元の人々から提供されるサービスの調査のためである。

 サマンの滝とコンロー洞窟は自然そのもので、地元のコミュニティによって大切に保護されている。滝の周辺には泉があり、鳥も多く、高い木々に囲まれでいる。洞窟は石灰岩の岩場を流れるヒンブン川によって形成され、全長7.5キロもある。洞窟内はレンタルボートで移動することができ、壁や天井に無数の石灰岩が見られる。

 学科長代理のタウィー・ピンピニット氏によれば、今回の調査で講師たちは、学生たちにガイドラインをどう書かせたらいいか、またはエコツーリズムの理解を深めさせるためにどのような授業を行ったらいいのか、ということについて学んだ。

 実地調査は、ラオスのオランダ開発機構(SNV)の財政援助を受けている。

(Vientiane Times; 2008/1/5)
関連カテゴリ:観光
© 2007-2009 Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.

ソーシャルブックマークへ投稿: みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 FC2 に追加 ニフティクリップ に追加

最新の観光ニュース

ルアンパバン県の観光は良好
観光は新しい開発目標
ルアンパバーンの観光開発
ルアンナムター県の観光
ラオス観光

最新のラオスニュース

国内総生産 GDP
中央銀行の注意
ラオス財務省
株ね下げ
CBELとEDL電力株

この記事に関して

この記事を引用してブログを書くことができます。下記タグをご利用ください。

ラオス経済研究所 > ラオスニュース > 観光 > カムムアンでエコツーリズムの調査

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.