ビジネス・投資ガイド

←前のページへ | 1/6 | 次のページへ→資源開発(1)

ラオスには、石炭、天然ガス、鉄鉱石、金、スズ、そしてボーキサイトなど豊富な地下資源が眠っています。しかもつい最近まで、各国の政府や企業はその存在を見過ごしてきました。最近になって世界最大規模のボーキサイト鉱床を中心にラオスの地下資源がにわかに注目され、急速に開発が進められており、2006年には最大の輸出品目となりました。ボーキサイトを中心に、ラオスの資源開発の現状と課題、今後の可能性を探ります。

■ 世界最大規模のボーキサイト鉱床発見
つい最近まで、世界の資源開発においてラオスという存在は全く認識されてこなかったと言ってよいでしょう。事実、1997年のアジア通貨危機から1999年までの間、ラオスの資源開発に対する海外からの投資はまったくなかったのです。通貨危機によってタイの化石燃料需要が減ったことでラオスの資源開発が弱体化した上に、政府が投資法を改訂し天然資源に関わる投資は首相の許可を必要とするようになったという背景がありました。

しかし実際には、ラオスは非常に豊富な地下資源を有する国だと言われています。石炭、天然ガス、鉄鉱石、金、スズなど多くの資源が未だ眠っているのです。特に現在、ラオスのボーキサイト鉱床がにわかに注目を集め始めています。

ボロベン高原
  ボロベン高原
2006年頃から中国、オーストラリアなどの企業がボロベン高原やチャンバサック県パクソン市などラオス南部で次々と採掘調査を行っています。それらの結果によると、ラオスのボーキサイト鉱床は世界14ヶ所にある大規模鉱床の一つで、サワンナケートからサラワン・アタプー・チャンパサック・セコンなどラオス南部の何県にもわたっており、発掘に50年あまりを要する有望な鉱床ということです。その埋蔵量は現在世界のアルミニウムの約14%を生産するオーストラリア最大の鉱山に匹敵するほどの膨大な量であると言われ、世界中で確認された埋蔵量の20%ほどに達するという説もあります。

昨今のアルミニウム価格のレベルからして、ラオスのボロベン高原のボーキサイト鉱床には年間32億USD(3810億円)もの価値があるだろうと見られています。このボーキサイトを発掘・産業化するには初期の段階で約1億USD(119億円)程度の投資が必要ですが、向こう50年間に毎年20万トンのボーキサイト鉱石を掘り出し、地元に7000人分の雇用を創出することも可能だと言われています。

また、ラオス最大のコーヒー栽培地でもあるパクソン市近辺では、鉄鉱石やリン鉱石も大量に産出しています。

123456
←前のページへ | 1/6 | 次のページへ→

引用元:
鈴木基義著『ラオス投資ガイド』日本アセアンセンター発行。2007年。p. 48.
週刊ダイヤモンド 2007/9/8号 資源株投資入門

本サイトの文章および写真を許可なく複製することを禁じます。

Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd.
Ban Thatkao, Unit05, Thadea Road Sisathanak District, Vientiane, LaoPDR

© Laos Japan Research and Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.